鹿児島や宮崎に旅行で行くなら個人ブログであらかじめ情報収集するのがおすすめ

九州の南部に位置する鹿児島や宮崎は、交通の便があまり良くない事などが理由で、観光地としてあまり脚光を浴びて来ませんでした。近年は新幹線の開通やLCCの登場などにより新興観光地として脚光を浴びていますが、まだ観光地に関する情報が少なめです。

そんな中、鹿児島や宮崎を実際に観光した人たちなどのブログを見ると、より良い旅行が実現する可能性があります。

鹿児島は少し前まで旅行に行きづらい場所だった

長く続けられてきた大規模な工事が完了し、2011年にようやく九州新幹線の新八代駅から鹿児島中央駅までの区間の営業がスタートしました。それによって鹿児島市へは博多駅から約1時間20分でアクセスできるようになったほか、新大阪駅からでも直通新幹線にて4時間で到着する場所となっています。

さらに1度の乗り換えが必要ながら関東地方からも一気に行きやすい場所になった事で鹿児島は全国の旅行フリーク達から熱視線を注がれています。しかし、2010年まで新幹線ではアクセスできない場所だった事、空港から有名観光地までの距離が長い事などにより、長く脚光を浴びてこなかった歴史も持ちます。

そのため、京都・東京などの有名観光地と比べて、どんな有名観光地があるのか、まだいまいち知られていない傾向です。そして、鹿児島旅行に関するガイド本・情報サイトなどもまだあまり存在しません。そんな中でも素晴らしい鹿児島旅行を実現させたい場合は、現地の人・または鹿児島フリークが開設する個人ブログをよくチェックするのがポイントです。

宮崎は空港から市街地にあるが観光人気はそんなに高くなかった

宮崎県は九州の南東部に位置しており、新幹線が通っていないほか、北九州市の小倉駅から特急に乗っても大分県と比べて到着するまで相当時間がかかります。具体的には2つの特急を乗り継いで約4時間半の時間を要し、そういった意味では九州の中では最も、鉄道で遠方から来づらい場所といえます。

一方、福岡同様に県庁所在地の市街地付近に空港があり、空港から電車で市街地まで直通のため、飛行機を利用した旅行をしやすい半面も持ち併せています。

しかし、全国的に見るとそんなに人気観光地というわけでもなく、旅番組で有名人が宮崎を訪れる事・旅行雑誌で宮崎が特集される事は少なめで、宮崎に観光ガイド本もそんなに多くありません。そのため、鹿児島同様に宮崎旅行をするにあたってどこに行くか決める上では、一般旅行者や現地の人によるブログ記事等を参考にしてみる事をおおすめします。

観光施設や店が開設するブログの良さ

観光・行楽施設の公式サイトの中には、必要最低限のWEBページしか用意していないようなところも数多く存在します。しかし、色々と知りたい事があるのに料金ページ・地図ページくらいしか情報がないと、その施設の事をよく知る事が出来ません。

一方、施設側が気軽に最新情報を投稿できるブログまたツイッター・インスタグラムをよくみてみると、例えば施設内(園内)の大体の雰囲気がよくわかります。また、施設内からの景色がどうなのかHPからはわからなかったとしてもブログの投稿などを通じて、景色が素晴らしい場所だとわかるような事もあります。

また、現地の飲食店の公式ブログでは、HPのメニュー表には掲載されていない期間限定メニューが掲載されるような場合もよくあるため、要チェックです。

個人ブログの良さ

鹿児島や宮崎とは新興観光地のため、大規模サイト内の施設・店舗口コミ情報がまだ少ない傾向です。そんな中、全国の旅行フリーク達の中には旅記録をブログに記している人がとても多いため、注目の存在といえます。

文章だけのブログではなく写真入りブログ記事をアップしている人も多く、写真がある事によって行く前に色々な事を知る事が可能です。特定スポットに行った人によるブログ記事を見て魅力を感じる場合は行くかどうか決める決定打になります。

逆に、実際に行った人からの評判が悪い場合や、写真をみていて景色などが期待値以下であった場合は、その場所に行くのをとりやめる事も出来ます。また、鹿児島県の飲食店には長く観光客からの脚光を浴びて来なかったため、現地の人だけを対象にしていて公式HPをもたない店もまだ数多く存在します。

しかし、鹿児島フリークの人が飲食店に行った際のレポート記事をよくみれば、立ち寄る店を決める上で参考になる点も個人開設ブログの魅力です。

鹿児島のおすすめスポット

続いて、鹿児島のおすすめ観光・行楽スポットをいくつか紹介します。まずNHKで2018年1月から鹿児島出身の西郷隆盛関連の大河ドラマが放送される中、彼に関するスポットが多数ある鹿児島市の市街地には彼に関するスポットが多数あります。

具体的には彼の生誕地や住んでいた住居の跡地・そして有名な銅像など色々とありますので、大河ドラマをみて西郷ファンになったかたは鹿児島市街地がおすすめです。また、鹿児島市街地からでも見える桜島は、市内から車でアクセスしようとすると時間がかかりますが、鹿児島市の港からフェリーに乗るとわずか15分で到着します。

この桜島エリアにも展望台をはじめとしてたくさんの観光・行楽地が存在しますので、鹿児島市に旅行で来た時はフェリーで桜島に遊びに行ってみる事をおすすめします。鹿児島県の南部に位置する指宿市は「イッシー」と名付けられた謎の生物が出るという噂が出て1990年代に爆発的な人気を誇った池田湖という湖があります。

イッシーブームが去った後も、幾つかの観光施設内で飼育されている体長約2mの「大うなぎ」を見に来る観光客が数多く存在する名所です。公式サイトがない小さな観光スポットで気になるものに関しては、個人ブログ記事などを参考にしてみてください。

宮崎のおすすめスポット

鹿児島だけでなく宮崎県内にも人気観光・行楽スポットは多数存在しますが、その中で空港から近いため全国からアクセスしやすい名所をいくつか紹介します。まず市の北東部に広がるシーガイアエリアで言うと「宮崎市フェニックス自然動物園」というスポットでは、100種類以上の動物を間近で見られます。

敷地内には遊園地エリアもあり、様々なアトラクションで遊べるに上に夏にはプール営業もある人気スポットです。宮崎空港の約5km南に広がる宮崎県総合運動公園はプロ野球チームやプロサッカークラブの秋季・冬季キャンプが実施される場所として知られます。

プロスポーツチームがキャンプを行う時期に遊びに行ってみると、思いがけず有名な選手を見かけられる可能性もあり、こちらもおすすめスポットです。青島神社は縁結びの神社として知られ、宮崎出身のエビちゃんこと蛯原友里さんがこの神社が訪れた後で良縁を掴んだ事が知られてから晩期に火が付きました。

良縁を求めているかたはこのパワースポットに参拝にやってくるのも良いと思います。その他、市内の様々なエリアに四季折々の花が楽しめるスポットが沢山ありますが、公式サイトがないケースが大半です。しかし、個人ブログで花の名所・花畑を訪れた人のブログ記事を探してみると、実際にはどんな景色が広がっているか確認できる可能性があります。